Amazonタイムセール祭りのお得情報!

【Splatoon2】プロチーム『GG boyZ』(ジージー ボーイズ)とは

GG boyZ(ジージー ボーイズ)とは

「GG boyZ」は、任天堂のゲーム「Splatoon2」で活動するプロゲーマーチーム。

人気と実力を兼ね備えた個性豊かなメンバーが集まり固定チームとして活動している。

 

メンバー

たいじ

スプラトゥーンを代表する人気プレイヤーやりたいじ。この男を知らずしてスプラトゥーンは語れない。主にシューター系を使う。悲願のスプラ甲子園優勝を達成し、名実ともに「スプラの王」となった。

 

ダイナモン

多数の実績をもつ最強プレイヤー。味方を活かし敵を封じるプレイが持ち味で、今作では多彩なブキを持ち替える。公式大会のスプラ甲子園で2回の優勝経験を持つ唯一のプレイヤー。NIS→NK→GZ

えとな

GZの安定感をになう男。幅広い持ちブキと堅実な立ち回りでチームを支える。

「俺が最強のマルチウェポナーだ!」

やまみち

高校生エース。丁寧なエイムからなる撃ち合いの強さと爆発力が強み。

俺が最強だ!

 

戦いかた

GG boyZは、いわゆる長射程ブキがいないことが特徴的です。前線シューターふたり組を軸にした多彩な編成で戦います。

ダイナモンは、プレイヤー名にもなっているダイナモローラーを封印し、ラピッドブラスター、ZAP、さらにはバレルスピナーまでブキの範囲を広げました。圧倒的な経験値で培った判断力がダイナモンの強さの秘訣です。

えとなは、ステージや編成に合わせてブキ、そして立ち回りも柔軟に変化させます。傘、バケデコ、プラコラなどでチームの塗りを担当することが多いです。とくにナワバリバトルでは最後の10数秒で敵陣にぬけて塗る立ち回りが特徴的です。

このふたりがしっかりと支える地盤の上で、たいじ、やまみっちーが暴れまわります。

やまみっちーは、機動力の高いシューター系を使うプレイヤー。スプラシューターやN-ZAPでの丁寧なエイム、そして前線にいながらの優れた状況判断力が魅力です。

そしてこのチームといえばたいじ。かつての塗らない男がナワバリバトルの極意を身に付け、塗りとキルを両立した存在になりました。撃ち合いの強さと爆発力でチームを率います。

チームとしては、毎回スペシャルの発動タイミングを合わせてきっちり打開できることが強みです。いったんキルをとると、その流れを維持して連キルで一気に優勢に持ちこみます。

MEMO
実際のプレイはOPENRECで配信しているので見てみましょう

 

実績  第3回スプラトゥーン甲子園 優勝

九州予選で苦杯をなめた「ガリガリーズ」相手に全国大会決勝の場面でリベンジを果たし見事優勝を飾りました。

Splatoon2初めての公式大会である甲子園で並みいる強豪を倒したGZ、今後の活躍にも期待です。

CyberZとは

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZがGG boyZのスポンサー。ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営、2015年からesports大会「RAGE」を日本国内にて運営している。

くわしくは OPENRECとは

 

おまけ たいじ名言集

 

( ・●●・)俺が見せてやるよ…着地の狩り方ってやつをな…ここ!ほら!わかったか?

( ・●●・)お前ら。ちゃんとな?目え開けて俺の画面見ろ?

( ・●●・)半分ぐらい俺の画面見てなくて俺の声しか聞いてないからな

( ・●●・)そうやってな、すぐな、人のこと、ば、あのー、悪くいうやろ

( ・●●・)お前ちょっとはな、自分のな、”心”にな、手を当てて考えてみて欲しい

( ・●●・)そう言われたらお前は嫌な気分になるだろう?

(・●●・)いやもう優勝してみてぇ、まぁやっぱりぃ、スプラトゥーンの王はぁこのオレなんだなぁーと思って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です