現金使ってるのは時代遅れ!キャッシュレス化を進めておトクに家計を管理しよう

みなさんは普段の出費のうち何パーセントくらいを現金で支払っていますか?

ほとんどクレジットカードで払っているという人もいれば、現金しか使わない!という人もいるでしょう。

しかし、今の時代に現金でしか支払いをしないのは「損している」と言えます。

 

まだ現金使っているの?

コンビニで小銭を数えて渡している人、駅で切符を現金で買っている人を見かけるたびに「どうして現金なんて使っているんだろう…」と思ってしまいます。

クレジットカードに交通系ICカード、Apple Payなど早くて楽なキャッシュレス決済がこんなにも普及しているのに、使っている人はあまりにも少ないです。

キャッシュレスに慣れてしまうと、いちいち現金を持ち歩いて小銭を数えるのがバカらしくなります。
簡単に決済できて、ポイントも貯まるキャッシュレス決済を使ってない人はもはや搾取されてる側と言ってもいいでしょう。

 

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済にも種類があります。

クレジットカード

後払いで買い物ができるクレジットカードは、多くの店舗で使えてポイントが貯まることが特徴です。

手数料は多くの場合一括払いや2回払いまでなら無料で、最近はサインをしなくても支払いができる場所も増えてきました(コンビニなど)

落としたり盗まれたりしても、補償があるので安心です。現金持ち歩くよりよっぽど安全です。

また、海外旅行ではクレジットカードは必須になります。クレカは信用を表すものなので、これがないとホテルにチェックインできなかったりします。

クレジットカードはとても便利ですが、便利すぎてお金を使いすぎてしまうひともいます。しかし、現金と違って利用履歴が残るので家計の管理はしやすくなります。

 

持っていて損はないお得な楽天カード
年会費永年無料の楽天カード

交通系ICカード

もはやこれを持っていない人はいないのでは?

SUICAやICOCAなど、電車やバスに乗るときにかざすカードです。

交通費の支払いは全国これ一枚あるだけでいけますし、買い物に使えたり、割引サービスを受けることもできます。ICカードのおかげで改札が混まなくなったのほんとにありがたいです。

 

デビットカード

クレジットカードと違い、使った分だけ直接銀行口座から引き落とされるカードです。クレジットカードよりは利用できる範囲が狭いですが、使いすぎがこわい人は現金感覚で使用できます。

 

プリペイドカード

プリペイドカードは事前にチャージした金額だけ利用できるカードです。審査が必要ないので未成年でも作ることができます。海外に行くなら「キャッシュパスポート」を作っておくと現地のお金も引き出せて便利です。


 

 現金

メリットとしては基本的にどこでも使えること、割り勘がしやすいことです。まだ日本では現金しか使えないお店が少なくありません。

逆にカードが使える場所ではポイント分割高とも言えますし、持ち歩いて盗まれたら返ってきません。
ATMで現金を引き落とすのも面倒で、手数料もかかります。この手数料に無頓着なうちはお金が貯まることはないでしょう。財布も膨れて形が崩れるし現金を大量に持ち歩くのはおすすめできません。

僕はランチや割り勘するときなどに使う5000~10000円程度しか財布に入れないようにしています。

 

まとめ

 

クレジットカードをはじめとするキャッシュレス決済は、現金を持ち歩く煩わしさや手数料から解放され、利用履歴が残り、ポイントを1%ほど貯めることができます。

利用履歴がのこることで、自分が何にいくら使ったのかを後から把握することができ、ムダ遣いを減らすことができます。確かに後払いは使いすぎてしまうかもしれませんが、それくらいの管理もできないからといってポイント分を損するのはもったいないです。クレカを持ったからといって使いすぎないように、今のうちから練習していくべきです。

ポイントが1%貯まるというとたった1%と思われるかもしれませんが、月に10万円使っている人なら1000円分になります。ちなみに僕は支出の70%程度はクレジットカード払いにしてポイントを貯めています。ATMでお金を下ろす回数も月1回程度になりました。自分がいくら使っているのかわかってない人は1度家計簿をつけてみることをおすすめします。

もうムダ遣いはしない!家計簿アプリ「マネーフォワード」自動でお金を管理して節約する方法でも書いたように、お金の使い道を把握して家計を管理することが大切です。

Money Forwardもうムダ遣いはしない!家計簿アプリ「マネーフォワード」自動でお金を管理して節約する方法

なぜお金を貯めること、家計を管理することが大切なのか

人生100年時代のライフハック幸せに長生きするために20代が知っておかないと損する事実【人生100年時代のライフハック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。