本は聴こう Audible無料体験

今さら聞けない「ビジネス用語」の意味を解説!社会人なら知っておくべき単語9選

よく耳にするけれど、なんとなく意味がわからないビジネス用語ありますよね。でも今さら知らないなんて言えないし、知ったかぶりで話を合わせてしまう経験、僕もよくあります。さて、今回はそんなビジネス用語でよく聞くけど意味があいまいになりがちなものを集めて解説していきます。どちらかというと特定の業界で使われる隠語よりも、意味がわかりにくいカタカナ語を説明していきたいと思います。

知っておきたいビジネス用語

ニーズ

需要のこと。ビジネスにおいて客や取引先が何を求めているのかを考えることは非常に重要。

顧客のニーズを意識したマーケティング

 

マーケティング

商品やサービスがより売れるようにするために行う市場調査や宣伝などの企業活動のこと。マーケティングで売れ行きは大きく変わる。

ライブコマースをとりいれたマーケティングを提案します

 

ライブコマース

タレントやインフルエンサーがLIVE配信で商品の宣伝を行い、視聴者がリアルタイムで質問しながら購入できるネットショッピング。
情報が溢れ過ぎた結果、信頼できる個人のおすすめするモノを選ぶ消費者が増えたことがライブコマースが流行っている一因。中国ではライブコマース市場が爆発的な広がりを見せ、国内でもメルカリやSHOWROOMなどでふえてきている。

 

インフルエンサー

SNSやYouTubeなどで多くのファンを抱え、多数の人に影響力をもつ人物のこと。
インターネットにより芸能人やタレント以上に影響力をもつ一般人も増えてきており、彼らはビジネスにおいても重要な役割を担っている。

 

SNS

ソーシャルネットワーキングサービス。Web上で人間をつなぐサービスやプラットフォームを指すことが多い。
国内ではTwitter・Facebook・LINE・Instagramなどが有名。

 

プラットフォーム

関連する情報やサービス・商品を展開する土台となる環境。WindowsやAmazon、Facebookやクックパッドなどもプラットフォームのひとつ。
イオンなどの大型ショッピングモールは、ハコを作りその中に多くの専門店や飲食店を入れて顧客を集めているが、それのインターネット版だと考えると分かりやすい。
黙っていてもユーザーや情報が入ってくる上に市場を独占しやすいので、プラットフォームを展開する側の企業は強いとされる。例:Apple

 

マネタイズ

収益を得る(=お金を稼ぐ)こと。ネット上では無料のサービスが普通だが、そのサービスもどこかでお金を儲けなければ維持することはできない。
一見無料にみえるサービスがどこでマネタイズしているのかを考えるとなかなか面白い。例えばGoogleの検索機能が無料で使えるのは、その検索履歴をもとにGoogleが企業から依頼された「広告」を掲載するというマネタイズがあるから。

 

広告ビジネス

広告を掲載することでお金を稼ぐビジネスのこと。テレビのCMやWeb上の広告などで広告ビジネスは行われている。
特にWeb上の広告ではGoogleとFacebookが2強で世界全体の過半数を占め、それをAmazonが追撃している形だ。

 

GAFA

ガーファ。様々なサービスのプラットフォームになっている世界的大企業Google・Apple・Facebook・Amazonの頭文字をとったもの。
これに並べられる企業としてMicrosoftやNetflixなどがある。

created by Rinker
¥1,944 (2018/11/14 00:58:59時点 Amazon調べ-詳細)